別業種からIT転職をすることは可能か?

元々IT業界で就業をしていたが、別業種への転職を行っている人もたくさんいます。
別業種からIT転職をする人もいますが、逆のパターンも十分考えることができます。

ITの知識を持っているのであれば、別業種で仕事をするのはもったいない、と考える人もいます。
全く違った業種でしかもパソコンを利用することがない仕事の場合には、ITの知識を生かすということができません。
IT業界はかなりハードですし、大変なこともたくさんあります。
ですから精神的に疲れてしまって転職を考える人もいます。

実際にIT業界から運送会社、印刷業界などに転職をした人もいます。
今までとは全く違った仕事なので、新鮮に感じることができますし、環境も異なってくるので、新しい一歩を踏み出したと感じることが出来るのだそうです。
ITの知識を生かすだけが転職ではありませんし、少し離れてみるのもいいかもしれません。

また転職ではなく、社内で別の部署に異動をすることにより、全く違った仕事を行うことも可能です。
社内SEに異動をした経験のある人はIT関連の他の仕事をしていると、社内SEは優遇されているし、脱獄先として人気が高いということがあるそうです。
独特の仕事でもあるので、同じ企業の中であっても別世界に感じることもあるそうです。

大手のIT業界から別業種へ転職をした人の中には、10年間はとても大変だった、という人もいます。
もちろん、転職した先の業種によってもその感覚は異なりますが、IT関連業を行っていた時のキャリアが全く通用しないようなところであれば、大変だったと思うことが多いでしょう。
常識だと思っていたことが非常識だったり、企業の色に染まっていると、それを修正していくことが大変です。

今までと違う仕事をしたいから、IT転職を行って別業種へと考える人もいますが、本当に今までのキャリアを生かすことのない仕事であってもよいのか、ということをしっかりと検討したほうがよいでしょう。
逆に別業種からIT転職を行う際には、経験者が優遇されることが多いので、他の人とは違ったハイレベルな資格を取得するなど、知識をしっかり習得しておくことも大事です。

転職はどの業種であっても大変です。
好きな仕事に就くことが出来る人もそんなには多くありません。
IT業界は向き不向きもあるので、早い段階でそれを見極めることも大事です。
今までのキャリアを活かすことが出来ないのであれば、とにかく勉強をするしかありません。