ブランクがあってもIT転職は可能か?

一般的にどんな転職をする場合であっても、ブランクが空きすぎてしまうと転職もしにくくなるという傾向があります。
IT業界はその動きが目まぐるしいということもあるので、ブランクが空いてしまうと、転職が不利だと言われています。

しかし魅力的な人材であれば、1年程度のブランクまでは気にしないという企業もあります。
様々な事情で転職をしなければいけないということもあります。
今は転職をするのが一般的な世の中になっているので、ブランクもなく転職をすることが出来る人の方が少ないです。

IT業界はハードな仕事でもあるので、今の仕事を続けながら転職活動を行うことが困難な場合もあります。
退職をしてから転職活動を行う人もいるかもしれません。
しかし、すぐに転職先が決まる保障はどこにもないので、できるだけ今の仕事を続けながら転職活動を行ったほうがよいでしょう。

IT転職を行う場合でブランクがある場合には、ブランクがマイナスにならないように、採用をしたいと思える人材になることが大事です。
レベルの高い資格を取得したり、転職に前向きな人であると思ってくれるように、面接時にもハキハキと答える練習をするなど、自分でできることを行っておきましょう。

IT転職を考えている場合で、ブランクがあってもそのブランクをあまり気にせずに就業をすることが出来るコツを教えてくれる転職エージェントもありますし、正社員ではなくまずは派遣や契約社員から始めて就業をしてみるのもよいでしょう。
ブランクや転職回数を全く気にしないで採用をしてくれるところもあります。

ブランクや転職回数はその人だけの責任ではありません。
業績悪化で仕事がなくなってしまったことにより、転職を余儀なくされることも十分に考えられます。
それだけ流れが激しい業界であることも忘れてはいけないのです。

IT業界に限らず、ブランクがあるとその人の仕事に対するモチベーションが低くなってしまっていることがあります。
仕事をしていない期間が長すぎてしまうと、生活のリズムも中々取り戻すことが出来ないということもあるので、採用を渋ってしまう企業もある、ということは頭に入れておくとよいでしょう。

半年以上のブランクがある場合、その理由を面接で問われることもあるので、正直に話すことも大事です。
虚偽の回答は絶対に行わないようにしましょう。

またIT業界から転職をしてブランクが出来、再びIT転職をする人も多いので、その際の理由も分かりやすく説明できるようにしておきましょう。