人気のITコンサルタントの実態と年収は?

ITコンサルタントはやはり高収入

ITコンサルタントとは、顧客企業の経営的な課題の解決をするために、対策の立案・提案やシステム開発・インテグレーションまで、幅広い業務を担当します。やりがいがあり、とても高度なスキルが求められる職種です。
平均年収ですが、Tech総研によると30代前半のITコンサルタントの平均年収は733万円と、決して安くない事が伺えます。またこの仕事を続けていくと一説には生涯賃金は2億5000万円以上という結果が出ています。

なぜITコンサルタントは有望か?

ITエンジニアのヒエラルキーの中で、ITコンサルタントは最上位となります。これは、顧客の経営・業務から問題点をヒヤリングし、対策の立案・提案を行い、実際にプロジェクトを進めているポジションの為です。
ITコンサルタントは、システムインテグレータ(SIer)と呼ばれる企業で必要となります。国内最大手だと、NEC・富士通・日本IBM・日本hp・NTTデータといった企業が挙げられます。これらの企業は元請けとして要件の定義からプロジェクト立ち上げなどを行います。

ITコンサルタントの強みは「成長」

ITコンサルタントは、常に顧客の経営と向き合う事により、常に自身を成長させていける事です。
とにかく今日起こったことが明日には変わっているという現場です。その為、とても現場はハイスピードで、それについていける人が残っていきます。そこに魅力を感じる人が多いようです。

ITコンサルタントに必要な能力

ITコンサルタントは、プロジェクトにおいてまとめ役・牽引役となるリーダー的な役割となります。そのため、プロジェクトに必要となる各種IT技術のほか、多数のエンジニアを統率しまとめる為の協調性、問題解決を行う論理的思考力が問われます。
その他、クライアントやエンジニアと交渉する交渉力やプレゼン能力、長時間の勤務に耐えられる体力・忍耐力といったものも求められます。

ITコンサルタントになるには?

特に明確な規定はないが、資格として以下のような資格を取得すると有利です。
□中小企業診断士
中小企業の経営課題に対する診断・助言を行う専門家
□情報処理技術者試験
情報処理技術者としての「知識・技能」の能力認定試験
また、いきなりコンサルタントになる事は難しく、ある程度SIer等でSEとして下積みあった上でプロジェクトマネージャ等を経験した後に転職される事をおすすめします。

おわりに

ITコンサルタントは、ハイリスク・ハイリターンの仕事であり、全員が目指す事はできない仕事です。しかしリターンの大きさから憧れるエンジニアは多い職種です。