ITエンジニアが転職で年収アップする方法

社会問題 IT業界の多重下請構造

IT業界の体重下請け構造、IT土方の実態は社会的問題になりつつあります。

多重下請け構造は受託システム開発における発注者を頂点としたピラミッド構造をしています。建設業界のゼネコンと似ているためITゼネコンなんて言われたりもしますね。

発注者から元請(プライムベンダーとも言われます。)、二次請、三次請・・・と仕事を下していき、底辺に行くにしたがって中間マージンが発生するため下層の土方エンジニアたちが得る給与は少なくなります。

また、下請けに出す理由としては請けた側の技術力不足ではなく単に人材不足が理由となっており、その次の下請同士が下されてきた仕事を得るために競い合うのは技術力ではなく、いかに安く仕上げられるかという価格です。

高次下請業者としては自社がやってもメリットのない仕事を下におろす時は安く仕上がった方が自分達の取り分が多くなりますよね。
このようにして下層ITエンジニア=IT土方の給料は低くなっていってしまうのです。

以前SEが不足しているとマスコミで取り上げられていましたが、正確にいうと、IT土方が不足しています。だれも仕事はきついのに見合った対価を得られない仕事を続けないでしょう。ですから離職率も高く、SEが不足するという事態になるのです。

IT土方のエンジニアが転職して給料を上げる方法

IT土方のエンジニアが給料を上げるためには前に記載したように転職しかありません。

または、それまでの技術を生かしてフリーランスでいくという手もありますが、IT土方をしていると工程テストやコピペのようなプログラミングしか回ってこないのでスキルアップできない上、マネージメント能力は全くと言っていいほど身に付きません。

スキルのないフリーランスに仕事を頼む企業なんてないですよね。依頼があっても結局仕事内容はIT土方という落ちがつき、会社でIT土方をやるか、自宅でIT土方をやるかの仕事場の違いしかなくなり、フリーランスという選択肢はなくなります。

また、転職したとしても同じ下層の下請企業に就職したのでは同じことです。
給料を上げるためには元請に行くか、給与の高い他の業界へ羽ばたいて行くしかありません。

★参考⇒SEが転職して給料を上げる方法

下請けから元請けに転職する方法

実は下請け企業で働くSEが元請け企業へ転職するのはよくあることです。
下請企業に技術力の高いいい人材がいたら、上の企業はほしいですよね。
あからさまにヘッドハンティングすることは問題ですが、退職したと思った同僚が翌日から元請に在籍していたなんていうことは珍しくもないのです。

ではどうしたら価値のある人材だと気づいてもらえるでしょうか。
それは元請に自分は上昇志向の高い人材だと気付かせることです。
与えられた設計図から上流工程を分析したり、元請の担当者とコミュニケーションをとるようにすることも重要です。

自分のところに流れてきた資料からいかに上流工程のスキルを得るか日々研鑽し、注目の人材となることでヘッドハンティングの可能性も高まります。

また、下請けでは身につかない業界知見やプロジェクトマネジメント力も上流から盗んでいけばおのずと力はついてくるものです。
例えヘッドハンティングされずともそういった姿勢は転職活動で優位に働き、自分の希望する職場への近道となります。

ITスキルを生かす 給料が高い業界とは

まず、ズバリ給料が高い業界(今回は30代で比較)は銀行、情報・通信、証券業です。
IT業界と全くの畑違いかと思いきや実はそうではありません。

これらの企業はどれも個人情報や個人資産、企業の機密事項を扱うため、セキュリティー対策にはこれでもかというほどお金をかけている業界なのです。
ですから常にITセキュリティー部門の求人を出しています。

しかし、どこもお堅い業界なので自分で転職サイトから応募してもまず、面接の機会をもらうことはできません。それらの業界を転職のターゲットとするのであれば転職エージェントの存在は必須でしょう。

転職エージェントに相談

企業がなぜ転職エージェントに求人を依頼するのかというと、転職エージェントによって求職者がスクリーニングされ、質の良い人材を紹介してくれるからです。
そのためIT業界ではない異業種の高収入業種はとてもハードルが高いと言えます。

転職エージェントに登録すると担当のコンサルタントが付きますが、給与の高い業界への転職を希望してもライバルが多く、自分のスキルが劣ればコンサルタントに求人企業を紹介してもらうことすらできません。

求人企業は転職エージェントの人材のスクリーニング力を信頼しています。
ですから転職エージェントを利用して高待遇の仕事に就くにはまずはコンサルタントに「コイツはスキルが高い、コミュニケーション能力もある!知識も豊富…」と思わせなければなりません。

そのために必須なのは自分の培ってきたキャリアやスキルの棚卸です。それはSEの仕事における棚卸だけではありません。仕事以外から得た知識や技術、能力も含まれます。

このように自分の持っているアピールポイントをすべて明確にしておかなければ企業の人事はおろか、コンサルタントさえ説得できないでしょう。

キャリアやスキルの棚卸、つまり自己分析ですが、重要なのは客観的に分析するということです。
主観で自己分析をして自分がアピールしたいところだけを羅列しても企業側からしてみれば不要なスキルかもしれませんし、ただの押し付けでしかありません。

ここで出番なのが転職エージェントです。転職エージェントのコンサルタントは求人企業の人事の打ち合わせはもちろん、
実際働く職場雰囲気や上司からの聞き取りを事細かに行っているので企業側がどういった人材を欲していて、求職者のキャリアやスキルとどこが重なっているのかを調べて上げてくれるのです。

そして、企業が求める人材像と求職者の希望や能力がマッチングすれば採用率は非常に高くなります。

企業との面接が決まれば転職エージェントのコンサルタントは面接のコツを指導してくれたり、模擬面接といったサポートも行ってくれます。

面接にはコンサルタントも同行しますので心強いですね。
こういった手厚いサポートを受けることができる転職エージェントは転職活動には必須だと言えますね。

★SEの転職に役立つサイト⇒SE転職ちゃんねる